早漏防止なるか!?アメリカ式の早漏改善方法

早漏防止なるか!?アメリカ式の早漏改善方法

早漏効果ー副作用

早漏とは男性が女性との性行為のときに、射精したいと思うよりも早く達してしまうことを言います。
一般的には早い遅いかの問題にとらわれがちですが、一番の問題は時間というよりも射精のコントロールができるかどうかにあります。
これには精神的な部分が多く関与していて、早く達してしまうのではないかという不安感から早漏になってしまっていることもあります。

早漏のメカニズムは、快感が中途半端な状態で中枢神経の射精反射が起きてしまうことにあります。
そのため女性とのセックスに慣れる必要もあります。とはいえ、慣れるまでの性行為に失敗してしまっては、ますます不安感が募り、焦りが早漏を起こすという悪循環におちいります。これを防止するためには、早漏治療の医薬品を使う必要があります。例えば早漏防止に評価の高いポゼットという内服薬があります。
これはダポキセチンという成分が脳の神経伝達物質に作用して、射精反射が早く起きてしまうことを抑えてくれます。

ポゼットを使用することで、早漏が回避され、経験と重ねることによって不安やストレスが解消すれば、自信がついて薬に頼らなくてもセックスができるようになります。ただ、ポゼットを使用する際は副作用にも注意しなければなりません。一般的な症状としては、吐き気、めまい、下痢、頭痛、胃痛、腹痛などが報告されています。

とはいえ、使用者の全てに症状が出るわけでもないので、不快な症状があらわれたときのみ注意すればいいでしょう。